直輸入タヒチアンダンス用パレオ.ハワイアンファブリック.フラ各種グッズ.ハワイアンコーヒー各種.カスタムオーダードレス.アロハ制作致します。
ホームCOFFEEについて?

[ライオンコーヒーの歴史]
1864年 オハイオ州トレドで画期的な焙煎方法を始めて取り入れた。当時、各家庭ではコーヒーをフライパンで焦がして使うのが普通 だったが、ライオンコーヒーは世界から最高の豆だけを集めて念入りにブレンド・焙煎する「ファンシーロースト」をはじめた。

1870年代に入り、新鮮な味と香りを届けることをモットーに煎りたての豆を密封する1ポンド入りのパッケージを導入。あのユニークなライオンのトレードマークのついたデザインで人々の注目を集めた。各家庭ではライオンの絵を切り取って集め、紙人形、楽譜、教育用玩具、ライオンカードなどの景品と交換した。

1890年代中ごろには週450トン(100万ポンド)の豆をローストする、世界最大級のコーヒー会社に成長。その味と個性あるパッケージとユニークなキャラクターグッツで数十年にわたり広く愛好されていたが、その後、ライオン狩にあい(業界関係者により)ライオンの名は姿を消してしまう。

1979年アンティーク小物を愛し、品質の高いコーヒーに情熱を持つジェームス・テラノ氏がライオンを探し当て、会社をハワイ、ホノルルに移動させる。以来、「ハワイのコーヒー」として世界中に知られるようになる。

[フレーバーコーヒーについて]
種類:コーヒー豆を炒った後、各種の香り付けをしたコーヒー。 ハワイではナッツやトロピカルフルーツなどのフレーバーが人気でよく飲まれています。 フレーバーはコーヒーのアロマを消すのでなく、高めるように考えられています。 これは精神のリラックス効果があります。 コーヒーは落とし方で味がずいぶんと変わってきます。

[コーヒーの飲み方]
一般に、理想の割合は180mlのカップに対して挽いたコーヒーを10gといわれています。 しかし、ハワイでは日本のように濃く入れず、薄めのアメリカンでビックサイズのマグになみなみと入れて飲むのが主流です。 また、コーヒー飲みながら仕事をする習慣があり、保温マグなどに入れて持ち歩いています。

[コーヒーの保存]
ローストした後のコーヒーは空気に触れることで少しずつ風味が落ちます。 保存する場合はキャニスターなどの密閉した容器に入れます。長期保存の場合は冷凍庫に 入れて保存します。 もし、グラインダーと時間があれば挽いていない豆を購入して飲む分だけ引くことをお勧めします。 豆のままの状態のほうが空気に触れる面積が少なく、風味が長持ちするからです。

[ペーパードリップの薦め]
ほとんどの方はオートドリップを使っておられると思いますが、 時間のあるときにぜひともお勧めしたいのがペーパードリップです。 格段に風味がよくなります。ぜひお試しください。 特に冬季はオートドリップの場合、湯温が低くおいしく落とせません。! 冬季にコーヒーメーカーを使う場合は暖めたお湯を初めから入れておくといいと思います。

[蒸らし]
最初にお湯を少しだけ落とし、粉全体に染み込ませてコーヒーを蒸らします。(約20秒) お湯が染み込むことで粉は膨張し、お湯の通り道が粉全体に確保されます。 ここをお湯が通り、抽出が効果的になり、いわゆる「抽出ムラ」が防げます。 中央から静かに湯を注ぎはじめ、円を描くように外側に向かってお湯を注いでいきます。 この時、苦味を出したい場合は低温でゆっくりと酸味を出したい場合は高温で素早く注ぎます。

[お湯の沸かし方]
ミネラルウォーターがベストですが、水道の水を使う場合は一度沸騰させてカルキを十分に抜いてから使う。 温度が90℃〜95℃が「高めの湯温での抽出」です。ドリップでは 湯温は味に大きく関係します 。 高温の方が抽出される成分量が多くなり、ストロングなコーヒーになりますが 苦味は比較的低温から抽出されます。(酸味は高温で十分に抽出される)

Q1 : コーヒーの味がいつもと違うようです。

Q2 : コーヒーの香りがいつもと違うようです。

Q3 : ライオンコーヒーは真空パックですか。

Q4 : 1杯のコーヒーにどの位の豆を使うのですか。

A1 :
コーヒーは農作物で工場製品のように一定した品質ではありません。 豊作と不作が1年ごとに繰り返す品種もあり、その年の品質でコーヒーの国際価格も変動します。 また、同じロット(60kg/100本の木から取れる豆)の豆でも土の変化、施肥の仕方 さらには植えられている木の位置で品質が変化する場合もあります。 また、季節による指向性の違いもあります。 人間の味覚は夏の暑い時期には「苦み」を寒い時期には「酸味」を美味しいと感じる傾向があります。
A2 :
ライオンコーヒーの香りはフレーバーだけの香りではなく、 フレーバーとコーヒーの香りを足して 出来た香りのため、 コーヒーの風味が変化すると香りが変わったように感じることがあります。 また、現在、日本向けには国内の法規に合わせてPGという成分が調整されているため 以前より香りが少し薄く感じることもあるかもしれません。
A3 :
ライオンコーヒーは製造時に真空パックしています。 焙煎されたコーヒー豆は真空処理後も自然のガスを出し続けるため、ガスが中にた まって袋がふくれることがあるため、 ガスが充満した場合の破裂を防ぐためにライオンが特許を持つ一方通行の弁がついていて外気が中に 入らないようになっています。 また、空輸の際に中のガスがその弁から吸いだされて再真空状態になることがあります。
A4 :
ライオンコーヒーはHAWAIIでいわゆるアメリカンコーヒーとして飲まれています。 (アメリカンコーヒーという言葉はHAWAIIにはないのですが) 通常、日本では1杯のコーヒーに挽いた豆10gと言われていますが、 HAWAIIではもっと薄く8gくらいで落としています。 (8ozマグに対してですから日本の小さなカップの場合よりさらに薄くなります) しかし、これは目安ですから自分で一番良いと思った分量がベストと言えます。 (フレーバーの種類によっても美味しい濃さは変わると思います) -備考- 19世紀の終わりに米国の発明家バーンズが考案した熱風焙煎方式(250度)により 香りや酸味、ボディー(コク)を引き出せるようになりました。 (それまでは直火で800〜1000度で焙煎していいたため豆の表面が焦げていた) アメリカンコーヒーというのは単に浅く煎って薄く落とすコーヒーというのではなく 薄く落としてもきちんとコクやさわやかな香り、味わいを楽しむ飲み方です。